モットンにはどんなサイズがあるの?気になる疑問に答えます(^^♪

腰痛に悩んでいた人から、症状が改善したという喜びが数多く寄せられているモットン。しかし、通販でしか買うことが出来ないので、しっかりサイズを把握してから買いたいものです。

布団のサイズは千差万別で、子供用から複数人でゆったり寝ることができるサイズまで幅がありますよね。今回は、気になるモットンのサイズと、どのサイズがおすすめなのか?という点を紹介していきます。

まず初めに、モットンのサイズを大公開します!!

これから、モットンのサイズについていろいろ紹介していきますが、その大前提として、モットンのスペックが分からないと話になりません…。

という訳で、モットンのサイズを大公開します!!

  • シングル:厚さ100mm×幅970mm×長さ1,950mm、重さ:約5kg
  • セミダブル:厚さ100mm×幅1,200mm×長さ1,950mm、重さ:約0kg
  • ダブル:厚さ100mm×幅1,400mm×長さ1,950mm、重さ:約7kg

厚さが100mmもある分、それなりの重さになっていますが、それも体のことを考えての厚さになっています。

一人で寝るのにシングルサイズで大丈夫?幅はしっかり確認しよう

一人で寝ているからシングルサイズって、何も考えずに選んでませんか?体格や寝返りの打ち方によっては、シングルサイズの幅(970mm)では狭すぎる場合があります。

一般的に寝返りを考えた場合は、左右に200mmの余裕があれば良いと考えられているので、体の横幅+400mmというところが選ぶポイントになってきます。

他にも、今使っているマットレスの幅を確認して、モットンのシングルサイズで大丈夫か?ということは確認しておいてくださいね。

この時に、今のマットレスで窮屈な思いをしている人や、元のマットレスより幅が小さくなるという場合は、セミダブルサイズを検討してみてください。

注意!セミダブルサイズは複数人で寝るサイズではありません

勘違いしている人も多そうなので、訂正しておきますが、セミダブルサイズは2人で寝るベットではなく、1人でゆったり眠るためのサイズです。かく言う私も最近まで誤解していました(-_-;)

そんな使われ方なら、ワイドシングルとかにでも名前を変えて欲しいところですが、そんな形で決まっているので、選ぶ時に勘違いしないようにだけ注意しましょう。

2人で寝るからでダブルはNG?狭くないかしっかり考えよう

次にシングルとダブルの幅を比較してみます。

シングル:幅970mm⇔ダブル:幅1,400mm

なんど、ダブルはシングルの1.5倍程度の幅しかないのです。これで注意して欲しいのが、本当に2人で寝て狭くないのかという点。

小さなお子さんと一緒に寝る位ならば十分だと思いますが、夫婦で寝る場合はシングルを2枚横に並べて寝た方が良い場合もあります。寝る環境によって最適なサイズは変わってくるので、しっかり確認しましょう。

⇒3つのサイズから選べる【モットン】公式サイト

店舗で確認出来ないと不安な人も安心の90日間返品保証

ここまで読んで、思ったよりサイズに落とし穴があることを知ることができたと思います。とはいえ、一般的なマットレスと同じサイズなので、そこまで悩みこむ必要はないと思います。しかし、ここまで読んで、実際に試してみないと不安…というアナタへの朗報が90日間返品保証です。

これは、マットレスの硬さが合わなかった時に返品したり、硬さが違うものを交換してくれるのが主な目的ですが、サイズが合わなかった場合も、差額を支払うことで対応してくれるのです。

しっかりと下調べをしてからサイズを選ぶということが大前提ですが、モットンの場合は、痛恨のミスをしてしまった場合でもリカバリーすることが出来るので、とても良いです(^^♪

せっかくなら90日返品保証期間にモットンを使い尽くしておこう

90日間も返品保証期間がある理由は、体が変わってきたと実感することが出来るのは、1~3ヶ月と人によって個人差が大きいから、どんな人でも効果が出てくる時までを保証しているようです。

万が一返品された場合でも、再利用せずに処分しているので、中古品が届くようなことは無く、安心です。

ここで、少し待ってください。せっかく90日間あるので、寝るだけというのはもったいないです。モットンはしっかりお手入れをしていれば10年は持つという優秀な耐久性を持つマットレスなので、長く使うためにも、ちゃんとお手入れがしやすいのかを確認しておきましょう。

きになるお手入れとですが、特別なことは何もありません。定期的なシーツカバーの交換・洗濯と陰干しだけです。

注意して欲しいのが、日干しは避けること。モットンはウレタン素材で出来ているので、直射日光による紫外線がウレタンに大きなダメージを与え、劣化を早めてしまうのです。

モットンはシングルサイズでも7.5kgとそれなりの重さがあるので、持ち運びも含めた取扱いがちゃんと出来るのかしっかり確認しておきましょう。

⇒安心の90日間返品保証!!【モットン】公式サイト

まとめ

今回は、モットンのマットレスサイズとサイズ選びの時の注意事項を紹介してきました。

あなたに快適な睡眠が訪れますように…

モットンの販売店はあるの?実際に調査してみました(^^♪

布団やマットレスは長い期間(人によっては10年以上も)使うものなので、その感触を体感してから購入を決めたいもの。

そして、折角ならいろいろな種類の布団を試してから、決めたいものですね。そこで気になるのは、モットンは実店舗で販売しているのか?布団専門店も含めていろいろな店舗を調査してみたので、その結果を報告します(^^♪

ニトリ、イオン、布団専門店…店舗にモットンは売っていない??

折角なら良く行く店で買いたいもの…。普段は布団コーナーに見向きもしませんでしたが、この時ばかりは布団コーナーを隅々まで探してみました。

ニトリやイオンなどの普段からお世話になっている店に行って調査しましたが、モットンは売っていませんでした。

ならば、布団専門店だということで、普段は行かない近くの布団専門店にも行って調べてみましたが、ありませんでした…(布団の西川など数多くの布団を取り扱っていたのに…)

もし売っている店舗があるなら、カスタマーサービスセンターに電話すれば教えてくれるはずと思って電話してみたのですが、店舗販売はしていないとのこと。こうだったら初めから問い合わせておけば良かった(-_-;)

店舗に売っていない理由は安く販売するため?その理由を考えてみた

清々しい程に店舗では売っていなく、ネットのみでの販売のモットン。その理由を色々考えてみたのですが、それは販売にかかる費用を最小にするためじゃないかと思います。

店舗で売る場合は、店舗でのマージンや運搬保管費、人件費などが多くかかってきます。

布団専門店に行った時に感じたのですが、接待が手厚いこと。これは布団本来の値段に加えて、多くの費用が上乗せされているんじゃないかと思いました。

ネット販売にだけにターゲットを絞れば、生産にかかる費用と僅かな販売関連費用だけにすることが出来るので、その分を消費者に還元しているのだと思います。

さて、ネット販売でモットンはどの通販サイトに売っている??

次に気になるのが、モットンはどこの通販サイトに売っているのか?そして、安く買えるところは無いのか?という点だと思います。

公式サイトでは販売していることは当たり前として、他のサイトで売っているのか調べてみました。

楽天やYAHOOショッピングで販売していることが確認されましたが、定価と同じか、それ以上の値段。そしてAmazonに至っては販売ページはあっても在庫切れで再入荷の見込みもないみたいです…

 

なぜ通販サイトでも安くなっていないのか?

普通の商品だと、ネットで探すと安くなっているものが多いのですが、モットンに関しては、安く販売しているサイトはありませんでした。

その理由ですが、モットンは元からネット販売を前提とした商品展開をしているので、これ以上安くなる余地は殆んど無いからだと思います。

そして、実店舗での販売と比較すると安いのですが、通販サイトの場合でもある程度の中間手数料はあるもの。そんな理由もあって、定価以上の値段で買うことしか出来ないみたいですね。

じゃあ、安く買う方法は無いの?実はモットンは公式サイトで買った方がお得です(^^♪

ここまで、読んできて公式サイトの情報を一切出さなかったのを不思議に思いませんでしたか?そう感じたアナタはとても鋭いです(^^♪

実はモットンは公式サイトなら定価から衝撃の2万円引きで購入することが出来るのです。そしてその値段ですが、

  • シングル 59,800円→39,800円(33%OFF!!)
  • セミダブル 69,800円→49,800円(29%OFF!!)
  • ダブル 79,800円→59,800円(25%OFF!!)

と破格の値段。

ニトリやイオンに売っている布団の値段から見るとちょっと高い値段かもしれませんが、高機能をうたっているマットレスはシングルサイズでも10万円を超えることも多いので、それと比較すると劇的に安いのです!!

⇒衝撃の2万円引き!!【モットン】公式サイト

そして、更におすすめの理由が90日間返品保証です!!

ここまでで、モットンが極限まで値段を落として販売していることが分かった訳ですが、やはり不安なのが、体に合わなかったらどうしよう…という不安。

モットンは店舗販売をしていないので、何も体感しないまま購入を決めてしまうのは怖いですよね。

そんなアナタへの朗報が、90日間返品保証です!!実はマットレスが本当に体に合っているかどうかは短時間の店舗体験だけで判断することは出来ないのです。実際に体への効果が体感できるようになるのは1~3ヶ月はかかってしまいます。そんなことも考慮してのこの保証。実際に数%ですが、返品している人もいるようなので、絶対の品質への自身がこの商品に表れているのだと思います。

ちなみに、返品保証期間中に確認しておきたいことはあるの?

耐久性もバツグンで、10年は使えるというモットン。長く使っていくためにも、寝心地以外にも確認しておきたいことがあります。それが、お手入れがしっかりできるかという点。

モットンのサイズは、

  • シングル:厚さ100mm×幅970mm×長さ1,950mm、重さ:約7.5kg
  • セミダブル:厚さ100mm×幅1,200mm×長さ1,950mm、重さ:約9.0kg
  • ダブル:厚さ100mm×幅1,400mm×長さ1,950mm、重さ:約10.7kg

となっており、それなりの重量があります。お手入れの陰干しやシーツの交換がどの程度負担になってくるのか、しっかりと確認しておきましょう(^^♪

まとめ

ここまで、モットンが売っている店舗を調べた結果と、通販サイトではどこが一番お得なのかを紹介してきました。

是非、公式サイトから購入し、しっかりと効果を体感してから使い続けるようにしましょう(^^♪

あなたに快適な睡眠が訪れますように…

⇒安心の90日間返品保証!!【モットン】公式サイト

モットンに敷きパッドは必要か?その理由について考えました

高反発マットレスとして、多くの腰痛持ちを救ってきたモットン。そんなモットンを効果的に使うために、敷きパットは本当にいるのか?考えてみました。

モットンの購入しようと思っているあなたには、全体のコストも考える必要もあるので、是非読んでください(^^♪

最初に整理しておきたい、敷きパットってどんなもの?

まず最初に、敷きパッドの役割を整理しましょう。

敷きパッドの役割はこの3つに集約されます。

  • 温度調整に優れる
  • 洗濯しやすいので、清潔さを維持できる
  • 布団の耐久性をあげる

温度調整に関してですが、夏向けや冬向けで敷きパッドを使い分けることで、一年中快適に過ごすことができます。

マットレスに不足している機能を補うイメージですね。

また、マットレスに直接寝る場合は、汚れてしまった場合の対処に困ってしまいます。特にモットンはその素材の都合上、直接日に当てることはおすすめできません。そんなモットンに敷きパッドを使ってあげると、汚れた場合でも、簡単に洗濯することができ、清潔さを保つことができるのです。

最後の布団の耐久性についてですが、マットレスの寿命を短くする原因の一つである寝汗をある程度吸収してくれるので、マットレスにとっては良い環境をキープすることが出来るのです。そんな汚れや湿気を肩代わりしてくれる結果、マットレスを長く使うことができるのです。

折角良いマットレスを買ったのならば、長く使いたいですよね。そんなあなたには敷きパッドがおすすめです。

↑ニトリの敷きパッドです

敷きパッドはモットンにとっておすすめなの?

次に、敷きパッドはモットンに対して効果が高いのか?という点に注目して紹介していきます。

モットンだけでは温度調整は不十分?敷きパッドの効果は??

モットンは通気性が良いという特徴を持っています。それは独特のウレタンフォーム。発砲する泡の大きさを調整するなどして、通気性が良くなる特別な工夫をしています。そのため夏場でも快適に過ごすことができるのです。

しかし、冬場はその通気性がアダとなって、そのままでは寒いので、冬場は敷きパッドは必須です。

また、夏場は汗をたくさんかいたり、自身の熱がこもったりしやすいので、冷感パッドなどを使用した方が深い睡眠が得られると思います。

一度モットンを使ってみて、足らないと思った部分を敷きパッドでフォローする感じで対応していけば良いと思います。

モットンは単体でも清潔さは維持できるの?

モットンは通気性が良いので、ちゃんとお手入れしていれば凄く汚れてしまうということはあまりないです。しかし、毎日のように陰干しをするのはかなりの負担になります。また、長年使っていると、いくら清潔性に優れたマットレスとは言え汚れてきてしまいます。

さらに、小さなお子さんやペットと一緒に寝ることがあるという方は特に万が一に備えておきたいところ…

そんなことをいろいろ考えるとやはり敷きパッドを使用する方が長い目で見るとメリットが大きいと思います。

清潔に使えているということは、長く使えることに繋がるので、是非敷きパッドも一緒に買ってください。

⇒気になる【モットン】の特徴はこちらから!!

敷きパッドはどんなものが良いの?ポイントを抑えてみました

それでは、敷きパッドはどんなものが良いのでしょうか?

ポイントは、

  • 温度調整に優れている
  • 吸水性が優れている

この2点です。これさえ抑えておけば、快適に過ごすことができます。ニトリなどでは2,000~5,000円でいろいろな種類が売っているので、気に入ったものを使っていきましょう(^^♪

夏場と冬場で気温が大きく変わるので、2種類敷きパッドを買っていると安心です。自分の寝ている環境を考えて、少しでも良く眠れるなら、使ってみる価値ありです。

敷きパッドを使うとモットンの効果が薄れるんじゃ…という心配に

ここまで、敷きパッドがおすすめな理由を紹介してきましたが、敷きパッドでモットンの効果が薄れるんじゃ…という心配をする方もいそうなので、ここではっきりさせておきます。

敷きパットがあってもモットンの効果は薄れません。

モットンの最大の特徴は、その高反発の素材でしっかりと体を支えること。体自身は、敷きパッドがあってもなくても沈み込んでいってしまうので、殆ど差はありません。本当に心配な場合は、いま使っている布団に敷きパッドを敷いてみて、体の支えられ具合に差があるか確認してみてください。

さあ、敷きパットを買う前に、モットンのサイズをおさらいしておきましょう

折角敷きパッドを買っても、モットンのサイズに合わない…という悲しい出来事を起こさないためにも、モットンのサイズはしっかりと確認しておきましょう。

シングル:厚さ100mm×幅970mm×長さ1,950mm、重さ:約7.5kg
セミダブル:厚さ100mm×幅1,200mm×長さ1,950mm、重さ:約9.0kg
ダブル:厚さ100mm×幅1,400mm×長さ1,950mm、重さ:約10.7kg

幅と長さは大丈夫と思いますが、少し厚いので、敷きパッドのゴムでしっかり固定できるのか?確認してから買うようにしましょう。

まとめ

今回はモットンと敷きパッドの関係性と、おすすめする理由を紹介してきました。

あなたに快適な睡眠が訪れますように…

⇒敷きパッドで効果的な睡眠を【モットン】を買うならこちらから!!

モットンにダブルサイズはあるの?気になる大きさを大公開します(^^♪

布団の大きさは千差万別。子供用のサイズから複数人でゆったり寝ることが出来るサイズまで幅広くあります。今回は、夫婦で寝たり、子供と一緒に寝たいというあなたに、モットンにダブルサイズがないか調べてみたので紹介します。

モットンは3種類からサイズを選ぶことができます!

結論から言うと、モットンはシングル・セミダブル・ダブルの3種類からサイズを選ぶことができます!

その大きさですが、

  • シングル:厚さ100mm×幅970mm×長さ1,950mm、重さ:約5kg
  • セミダブル:厚さ100mm×幅1,200mm×長さ1,950mm、重さ:約0kg
  • ダブル:厚さ100mm×幅1,400mm×長さ1,950mm、重さ:約7kg

となっています。

ダブルサイズになると、重さが10kgを超えてしまうため、取扱いに困ってしまう場面もありそうですが、いろいろなサイズから家庭環境にあったものを選べるのはとても良いですね(^^♪

⇒選べる3種類のサイズ【モットン】を買うならこちらから!!

ちょっと待って、ダブルサイズを買う前に確認したいこと

ここまでダブルサイズを含めたモットンのサイズを紹介してきましたが、買い物を失敗しないために、確認しておいて欲しいことを紹介します。

ダブルサイズは単純に「幅が倍」というわけではありません

ダブルサイズのモットンの幅は1,400mmです。ちょっと立ち止まってシングルサイズの幅を確認すると、970mmです。

970mm×2=1,940mm

となるので、シングルサイズを横に並べた場合と比べて540mmも狭いことになります。ちょうどシングルの幅を1.5倍位にしたのがダブルサイズとなります。

なので、1人でシングルサイズのベットで寝て、狭いと感じる人がダブルサイズのモットンで2人で寝てしまうとケンカになってしまうかも…

寝る環境によってはシングルを2枚買って並べた方が良い場合もあるので、買う前に一度良く考えてみてください。

2人の体格が大きく違う場合は、モットンの硬さを変えた方が良いかも…

ここから紹介する悩みはモットンならではの“贅沢な”悩みです。

それは硬さを選べること。モットンは体重や体格に合わせて、100N(柔らかめ)、140N(普通)、170N(硬め)の3種類から選ぶことができます。他のマットレスには、そもそもここで悩む必要が無いので“贅沢な”悩みな訳です。

マットレスは硬すぎても、柔らかすぎても体の負担が大きくなってしまうので、一緒に寝るという方の体格差が大きい場合は注意してください。

ここまで読んで、一つ不安になるのが、2人で寝ると沈みこんでしまわないか?という心配かと思いますが、モットンはウレタン素材でしっかりと体を支えてくれるので、お互いの体重が影響し合うことはそんなに多くありません。それよりも、体に合わないということが問題になってきますので、その点は安心してください。

マットレスの硬さについて、これからもう少し詳しく解説します

もし硬さが合わない場合はどうなるの?そのメカニズムを紹介します

しっかり寝たはずなのに疲れが残る…朝起きた時に腰が辛い…というあなた。もしかしたらその原因はマットレスの硬さにあったのかもしれません。実はマットレスの硬さがあってないと、必要以上に寝返りを打ってしまい、睡眠が浅くなってしまうのです…これから、硬いマットレスの場合と柔らかいマットレスの場合とで何が悪いのか紹介していきます。

いつも同じ場所が痛い…それはマットレスが硬いからです

いつも同じ場所が痛い…と悩んでいるあなた。もしかしたらマットレスが硬すぎるからかもしれません。

マットレスが硬すぎる場合はいつも同じ場所ばかりに負担が大きくかかることになり、その部分が痛くなりやすくなってしまいます。そんな場合は、もう少し柔らかいマットレスを考えてみてはいかがでしょうか?

体が歪む?マットレスが柔らかすぎる場合のデメリット

一方、マットレスが柔らかすぎても体に強い負担がかかってしまいます。その原因は、体の部位によって重さが違うからです。体の部分でも肩甲骨の周りや腰回りなどの重い部分が沈むことで体が歪んでしまい、筋肉が緊張した状態が続くために、眠りが浅くなってしまうのです。

特に寝返りの際に首や腰回りのねじれが生まれるため、酷い場合は骨盤のゆがみなどが発生する恐れがあります。

寝ている時に常に張りを感じる方はマットレスを硬くしてみるのはいかがでしょうか?

安心の90日間返金保証付き

ここまで読んできて、試してみたいけれども体に合わなかったらどうしよう…と考えているあなたに朗報です。

実は、モットンには商品受け取りから90日間のお試し保証があり、その期間で体に合わなかったり、気に入らなかったりした場合は返品することができます。

また、1度だけですが、硬さの変更や差額を支払えばサイズの交換もしてくれます!!

さらに、180日間のメールサポートもあり、お手入れ方法など、分からないことや「質問・相談」を気軽にすることができます。

満足度94.2%ということは、残りの5.8%の人は満足せず、返品していることになりますから、しっかりサービスをしている証拠で、安心できますね(^^♪

⇒安心の90日間返品保証!!【モットン】を買うならこちらから!!

まとめ

ここまで、モットンのダブルサイズや他のサイズに関する紹介や、ダブルサイズを選ぶ時の注意点を紹介してきました。

あなたに快適な睡眠が訪れますように…

モットンのシングルサイズはどの位?他のサイズも一緒に紹介します

布団を買うときに気になるのはサイズ。一人暮らしなのに買う布団が大きすぎて部屋の大部分を占領してしまったり、逆にサイズが小さすぎて寝る時に窮屈な思いをするなんて、やっていられませんよね。特に布団は年単位で長くお世話になるものなので、始めのサイズ選択は慎重にやっていきたいところ。

今回は一人で寝るのに最適なシングルサイズを含めた、モットンの全サイズの大きさと重さを紹介していきます。

モットンのサイズと大きさの関係、重さはどの位

気になるモットンの大きさと重さですが、

シングル:厚さ100mm×幅970mm×長さ1,950mm、重さ:約7.5kg
セミダブル:厚さ100mm×幅1,200mm×長さ1,950mm、重さ:約9.0kg
ダブル:厚さ100mm×幅1,400mm×長さ1,950mm、重さ:約10.7kg

となっています。

幅や長さは一般的な布団と殆ど変わらないサイズ感なのですが、注目したいのが、厚さ。100mmと分厚い部類に入ってきます。あと、その厚さの影響もあって少し重量があるので、注意しましょう。

モットンはなんでこんなに分厚いの?それはその構造にあります

さて、モットンが100mmの厚さを持つ理由ですが、それはしっかり体を支えるためにあります。布団が薄すぎてしまうと、地面の感触を感じてしまって眠りが浅くなってしまったり、地面の温度が伝わってきてしまうなどのことがあるのですが、モットンはその厚さで体をしっかり包みこんでくれます。

そして、その体をしっかりと包み込むという特性が体への負担を分散させ、腰痛などの体の痛みを楽にさせてくれるのです。これから、布団が合っていない場合にどんな悪影響が出てくるのかを紹介していきます。

いつも同じ場所が痛い…それはマットレスが硬いからです

いつも同じ場所が痛い…と悩んでいるあなた。その理由は、もしかしたらマットレスが硬すぎるからかもしれません。

マットレスが硬すぎる場合はいつも同じ場所ばかりに負担が大きくかかることになり、その部分が痛くなりやすくなってしまいます。そんな場合は、もう少し柔らかいマットレスが体に合ったマットレスになります。

体が歪む?マットレスが柔らかすぎる場合のデメリット

一方、マットレスが柔らかすぎても体に強い負担がかかってしまいます。その原因は、体の部位によって重さが違うからです。体の部分でも肩甲骨の周りや腰回りなどの重い部分が沈むことで体が歪んでしまい、筋肉が緊張した状態が続くために、眠りが浅くなってしまうのです。

特に寝返りの際に首や腰回りのねじれが生まれるため、酷い場合は骨盤のゆがみなどが発生する恐れがあります。

寝ている時に常に張りを感じる場合はマットレスを硬くすることがオススメです。

じゃあ、モットンはどの位の硬さがあるの?

それでは、気になるモットンの硬さですが、体格や体重に合わせ、100N(柔らかめ)、140N(普通)、170N(硬め)の3種類から選ぶことができます。とはいえ、高反発マットレスなので、柔らかめといってもそれなりの硬さがあります。どのマットレスや布団でもそうなのですが、一度試してみないと分からないことが多いです。そんな中モットンは90日間の返品保証があるのです!これからはその保証について紹介していきます。

⇒体に合わせて硬さが選べる!【モットン】を買うならこちら!!

安心の90日間返金保証付き

試してみたいけれども体に合わなかったらどうしよう…、高いマットレスだから気に入らなかったらどうしよう…と考えているあなたへの朗報。

モットンは商品受け取りから90日間のお試し保証があり、その期間で体に合わなかったり、気に入らなかったりした場合は返品することができます。

さらに、180日間のメールサポートもあり、お手入れ方法など、分からないことや「質問・相談」を気軽にすることができます。

満足度94.2%ということは、残りの5.8%の人は満足せず、返品していることになりますから、しっかりサービスをしている証拠で、安心できます。

普通の店舗で布団を試す場合はどうしても、その場でのみになってしまうので、90日間も試せるのは別格の待遇です。何週間か使ってみないと、気づきにくい不便さもあると思うので、その点モットンは安心して試していくことができます(^^♪

悩んでいるあなたに最後の一押し!モットンは今だけ2万円OFFで買えるのです!!

モットンの値段ですが、シングルでも59,800円とかなり高いマットレスと言わざるを言えません。その値段もあって、買う踏ん切りがつかないあなたに朗報です!今なら公式サイトで購入すると2万円オフでモットンを購入することが出来るのです!!

シングル 59,800円→39,800円
セミダブル 69,800円→49,800円
ダブル 79,800円→59,800円

2019年4月30日までのようですが、予定している数量が終わり次第終了してしまうそうなので、迷っているという方は90日間の返金保証を使って試してみるのはどうでしょうか?きっと虜になると思います(^^♪

⇒いまなら2万円引き!期間限定で【モットン】を安く買える公式サイト

まとめ

今回はモットンのサイズ毎の大きさ・重さと、モットンが持つ独特な特徴について紹介してきました。

あなたに快適な睡眠が訪れますように…